レアジョブ英会話
PR

【レアジョブ英会話】失敗しない教材の選び方 & 初心者にオススメの教材 3選

イメージ画像 - 英会話スクールセレクション
Tets(テツ)
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

人気オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」には、5,000種類を超える教材が用意されています

5,000種類もの教材があり、しかも無料で利用できるスクールは珍しく、レアジョブの一つの特長となっています。

一方で、レッスンのたびに使用する教材を自分で選ぶ必要があり、これが初心者の方にとっては難しいですよね。

そこで、この記事では、レアジョブの教材の失敗しない選び方と、初心者の方にオススメの教材3選を紹介します!

レアジョブに関心がある、もしくは実際に入会してみたけど教材が多すぎて迷うという方は、ぜひこちらの記事を参考にしていただければと思います。

レアジョブを初心者にオススメする3つの理由と、初心者向け機能の詳細はコチラ!
»レアジョブが初心者にオススメな理由 3選【英会話学習の進め方のコツも解説】

Tets
Tets

筆者は、一部上場メーカーの海外マーケティング部で勤務9年目
月に一度は海外出張していて、日々、英語を使って仕事をしています!

まずはコレから!初心者にオススメの教材 3選

このパートでは、初心者にオススメの教材を3つ紹介します。

英会話学習を始めたばかりで、どの教材を選べばいいか分からないという方は、ぜひここで紹介する教材から始めてみてください!

なお、3つの内どれかだけを選んでもいいのですが、おすすめはこの順番で学習を進めることです。

順番通りで進めていただければ、初心者の方でも挫折することなく英語学習を進められると考えています!

①オンライン英会話準備

最初に使ってほしい教材は「オンライン英会話準備」

その名の通り、英会話レッスンでよく使う表現を学ぶ教材です。

日常生活で英語を話せるようになりたいですが、そもそもレッスンの中で講師とうまく話せないとはじまりません。

あいさつや自己紹介などの導入の会話表現に加え、
「相手の言葉が聞き取れなかったときの聞き直し表現」、「質問したいときの聞き方」など、英会話レッスン自体でよく使う表現を学べます。

全20回分の教材が準備されているので、最初の1ヵ月は、この教材から学習を始めるのがオススメです。

「もっと実践的な教材を早く勉強したい」という気持ちがあるかもしれませんが、まずは英会話レッスンをスムーズに受けるための下準備から始めましょう!

それが結果的に、早く英語をマスターすることに繋がります。

実際の教材はコチラ
»オンライン英会話準備教材一覧 – レアジョブ英会話

②スモールトーク


英会話レッスン自体に慣れてきたら、いよいよ実践的な英語表現の学習を始めましょう。

2番目の教材は「スモールトーク」です。

スモールトークは、特定のテーマに沿って、雑談感覚で会話を楽しめる教材

好きなものや休日の過ごし方、家族、友達、趣味など、身近なテーマで英会話練習ができます。

英語レベル2~7の方が対象の教材で、初心者でも使いやすい教材が揃っています!

なお、レアジョブ教材は10段階のレベル別になっています。

レベル分けの詳細は、後ほどレアジョブ教材の概要▼のパートで解説します。

スモールトークでは、180種類ものコンテンツが用意されています。

およそ半年間は、この教材だけでも英会話レッスンを楽しめます。

「ずっと同じ教材だと退屈」という方は、例えば開始2・3ヵ月目はスモールトーク中心で学習し、
それ以降は、次に紹介する「日常英会話」と併用するのもオススメです!

実際の教材はコチラ
»スモールトーク教材一覧 – レアジョブ英会話

③日常英会話

3番目の教材が「日常英会話」です。

趣味や仕事、健康など、日常でよく話す話題について、適切な英語表現で会話するための教材です。

スモールトークと一見似ていますが、その違いは以下の通りです。

  • スモールトーク
    • 一問一答形式で、自分の考えを英語で表現することに集中する。
  • 日常英会話
    • 教材に沿ってリスニングやリーディング練習をするパートが設けられている。
      会話の中で、より幅広い表現を学べる。
      また、英単語や英文法の復習もあわせて行う。

日常英会話は、英語レベル3~8の方が対象の教材です。

「日常英会話」というタイトルから、一見、最初に使用する教材かと思ってしまいます。

ですが、スモールトークに比べて、より踏み込んだ内容になっていて、一番初めに利用するには若干難しい内容です。

最初の2~3ヵ月は、オンライン英会話準備とスモールトークの教材で、英会話に慣れることを意識しましょう。

そして、4ヵ月目以降を目安に、日常英会話も始め、本格的に会話表現の幅を広げていくという進め方がオススメです。

実際の教材はコチラ:
»日常英会話教材一覧 – レアジョブ英会話

(参考)文法は独学がオススメ

よくある疑問として、「文法のレッスンを受けるべきかどうか」迷っている方もいると思います。

個人的に英単語や英文法などの基礎知識は、独学で身につければ十分と考えています。

というのも、1回25分のレッスンで文法を一から勉強していくと、全部やり終えるまでにかなりの時間がかかります。

レッスン自体、英語で行われるので、日本語で勉強するより理解が難しいという側面もあります。

また、文法の教材に沿って淡々とレッスンを進められては、学校で習った退屈な英語の授業と同じになってしまいます。

そのため、英会話レッスンでは実践的な会話練習に集中し、基礎知識は独学がオススメです!

(参考)中級者は「ディスカッション」に挑戦!

参考として、日常英会話に慣れてきた方向けに、応用編としてオススメの教材を紹介します。

それが「ディスカッション」です。

ディスカッションには、ウィークリーニュースとデイリーニュースの教材があり、最新のニュース記事を題材として英会話練習ができます

タイムリーな話題をテーマに、英会話練習ができて、日常英会話よりも少し難しい英語表現を学べます!

英語レベル4~10の方が対象の教材です。

最初のうちは、無理に使用する必要はありませんが、
例えば、英会話レッスンを受け始めてから半年ほど経過して、そろそろ難易度を上げてもいいなと思えるタイミングがきたら試してみましょう!

ウィークリーニュースやデイリーニュース記事には、音声での読み上げ機能がついています。

読み上げのスピードを「×0.5」や「×0.75」に変えられるようになっており、実はリスニングやディクテーションの教材として非常に優秀です。

個人的に、リスニング学習などを独学する際にも、ぜひ活用していただきたい教材なので、一度チェックしてみてください!

実際の教材はコチラ:
»ニュース教材 Daily News Article – レアジョブ英会話
»ウィークリーニュースアーティクル – レアジョブ英会話

レアジョブの教材の概要

ここではおさらいとして、レアジョブの教材の概要を紹介します。

コンテンツ5,000種類以上
※教材の種類の詳細は、下記リスト参照
教材費用すべて無料
※ただし一部、ビジネス英会話コース専用教材あり
レベルレアジョブ教材は10段階のレベル別になっている
自身の英語力に最適な教材が利用できる!
初回レッスンの教材初回は英語レベルチェックテスト※を実施
+無料体験レッスン用のお試し教材を使用する。

英語レベルチェックテストとは、講師との質疑応答によるスピーキングテスト
初回の無料体験レッスンの中で、10分ほどのテストが行われ、その結果に応じて10段階のレベルで英語力が判定されます。

ちなみに、レアジョブでは「PROGOS」と呼ばれるスピーキングテストを、月に1回まで無料で受けられます!

スピーキングテストはどのオンライン英会話スクールでも取り入れられているわけではなく、意外に取り入れているスクールは少数派です。

自分の英語力を客観的に把握し、レベルにあった教材で英語学習を進めることは大切です!

レアジョブ教材の一覧

コンテンツ名内容教材数対象レベル
日常英会話日常で使用する会話表現を学べる教材
「趣味」や「家族」「仕事」「健康」など
シチュエーション別になっていて種類が豊富!
約360個Lv.3~8
ビジネス英会話実践的なビジネス英語を学べる教材
・電話対応
・メール
・外国人との会議
・海外出張
など、ビジネスでよくある場面で役立つ表現を学べる。
【注意点】ビジネス英会話コース限定教材
約500個Lv.3~10
ディスカッションニュースや身近な話題について話し合う教材
ニュース記事にまつわる教材が毎日更新され、
日々、最新ニュースを題材に学べる
約100個
+日々更新されるニュース記事が3,000種類以上
Lv.4~10
スモールトーク特定のテーマに沿って雑談感覚で会話を楽しめる教材
・好きなもの
・趣味
・友達
・美容
・運動
など身近なテーマが豊富
約220個Lv.2~7
文法英文法の学習教材
英会話に役立つ文法を学習できる
約40個Lv.1~5
発音発音の学習教材
きれいな発音が身につき、
スピーキング力をさらに向上できる教材
約20個Lv.1~10
オンライン英会話準備英会話レッスンでよく使う表現を学ぶ教材
・あいさつ
・自己紹介
・質疑応答
・トラブル対応
など、基礎的な会話表現を学べる。
初心者はまずこの教材から!
約20個Lv.1~5

教材のレベル分け

レベルできることの目安
1・よく使われる日常表現は理解できる
・自己紹介や住んでいるところ、持っているものなど、簡単なことが伝えられる
・ゆっくり、はっきり話してくれたことは聞き取れる
2
3
4・よく知っている事柄については、直接的な表現でやり取りができる
・自身やそのまわりの環境については、簡単な表現で伝えられる
5
6・英語が伝わる国に旅行した際に、起こり得る事態にほぼ対応できる
・自身の興味がある話題では、複雑な文を組み合わせた表現で伝えられる
・経験や夢、できごとなど、より抽象的なものについて、簡単に意見を述べられる
7
8・ネイティブスピーカーと、ある程度ストレスなく、普通に会話できる
・仕事、学業、社会生活において、問題なく英語を使いこなせる
・複雑な話題でも、明確に正しく文章を作って、表現できる
9
10・言語や表現に悩まずに、自分の考えを伝えられる
・社交的・専門的な会話でも、正確かつ柔軟な言葉を使って表現できる

公式のスコア換算表を参考に筆者作成

レアジョブ教材の3つの特徴

①5,000種類もの豊富なラインナップ


レアジョブ教材は、なんとすべて合わせると5,000種類以上もあります!

日常英会話やビジネス英会話のほかに、「ニュース記事をもとにした教材」や「特定テーマの雑談」などもあり、その種類は多岐にわたります。

他のオンライン英会話で、教材が~1,000種類ほどしかないスクールもある中で、5,000種類もの教材を利用できるのがレアジョブの魅力の一つです。

②すべての教材を無料で利用できる

レアジョブ教材は、基本的にすべて無料で利用できます。

他のオンライン英会話スクールでは、一部有料の教材が用意されているところもありますが、レアジョブ英会話であれば、追加料金を気にせず好きに利用できます。

個人的には、心情的にストレスが少なくて済むので、教材がすべて無料のスクールを選ぶようにしています。

一方で、ビジネス英会話教材については、ビジネス英会話コース限定の教材なので、この点だけはご注意ください。

まずは日常英会話をマスターし、
「将来的には英語を使って仕事をしたい」「英語力を活かしてキャリアアップしたい」という方は、慣れてきたらビジネス英会話コースに切り替えるのがオススメです!

③実践的なビジネス英会話も学べる

レアジョブのビジネス英語教材は、ビジネスでよくあるシーン別の教材が豊富で、かなり実践的な会話表現が学べます。

  • ビジネスメールを書く
  • 英語で採用面接を受ける
  • 外国人との会議を取りまとめる
  • 電話対応する
  • 業務進捗を報告する

このように、細かくシチュエーションが分かれていて、
具体的かつ、実際の場面で活かせる形で会話の練習ができますよ!

ちなみに、ビジネス英会話コースのレッスンは、ユーザー評価がトップ10%の講師しか担当できないシステムになっています。

エリート講師ぞろいのレアジョブの中でも、さらに優秀な講師が揃っています。

教材だけでなく講師も含め、こだわり抜かれたクオリティです!

レアジョブの講師の解説記事はコチラ
»レアジョブの講師はひどい?自分にあった講師の選び方のコツを解説【結論:ひどくない】

最後のパートでは、初心者にオススメの3つの教材を選ぶ際にも活用した考え方として、「失敗しない教材の選び方のコツ」を紹介します!

失敗しない教材の選び方 – チェック項目 3選

初心者の方は特に、「自分にあった教材がどれか分からない…。どんな風に選べばいいの?」という悩みに直面することが多いです。

そこで、ここでは失敗しない教材の選び方のコツを3つ紹介します!

①英会話レッスンでよく使う表現

まずは土台として、やはり英会話レッスンでよく使用する表現から学ぶのがオススメです。

オンライン英会話特有の表現として、例えば以下のようなものがあります。

  • レッスン開始時に、こちらの声が聞こえているか確認する
  • 音声が途切れて、声が聞こえないことを伝える
  • うまく聞き取れなかった部分を、もう一度言ってもらう

上記3つの例に対して、英語でどのように言えばいいか思いつくでしょうか?

まずは円滑に英会話学習を進めるために、このようなレッスン内でよく使用するフレーズから学んでみましょう!

ちなみに、一例として、上記の英語表現はこのようになります。

  • 聞こえますか?
    • Can you hear my voice?
  • すみません、声が聞こえませんでした。
    • Excuse me. I cannot hear you now.
  • 聞き取れませんでした、もう一度言っていただけますか?
    • I could not catch what you said. Can you say that again?

これらは、実生活で外国人と電話をするときにも使う表現です。

レッスンの中だけでなく、実践でも使える場面があるので、学んでおいて損はありません!

教材としては、すでに紹介した通り「オンライン英会話準備」という教材が用意されています。

英語レベル1から教材が用意されているので、英語が苦手な人でも、導入の教材として活用できます。

②初対面の会話でよく使う表現

英会話レッスンでよく使用する表現を学んだら、次は実践でもよく使う基礎表現を学びましょう。

特に、初対面の人との会話で使用する表現をマスターしておくのがオススメです!

具体的には、あいさつや自己紹介、趣味や仕事の紹介など。

「初対面の印象は最初の6秒で決まる」と言われることもあります。

あいさつと自己紹介の流ちょうさで、
外国人から「お、この日本人は英語を話せるな」と思われるかどうかが決まります!

あいさつと自己紹介は初歩的なようで、実はたくさん学べるところがあります。

  • “How are you?”と言われたらどのように返すか
  • “How are you doing?”や“What’s up?”のときは?
  • 自己紹介では、具体的に何を知ってもらいたいか
  • 仕事や趣味について説明できるか
  • 相手の自己紹介を聞いて、どう相づちを打つか など

自己紹介は、英会話のすべての基礎です!

(これくらいは練習しなくても何とかなるだろう…)と思わず、まずは基礎から確実に学びましょう。

教材としては、「スモールトーク」や「日常英会話」が該当します。

③スピーキングテストの結果を参考に

イメージ画像 - 英会話スクールセレクション

教材選び全般にあてはまるポイントとして、教材のレベルは十分に確認してから選ぶようにしましょう。

とりあえずタイトルだけ見て、興味があるから、と教材を選ぶのはNGです。

例えば、レベルチェックテストでLv.3と判定された人が、Lv.9~10の教材を選んでしまうと、教材の中で使われている英単語がそもそも難しすぎて分からないと思います。

肝心の会話練習に集中できず、効果的な学習内容とはいえません。

私自身、Lv.9~10の題材は、専門的な英単語が増えて分からないものが多くなります。

そのため、Lv.8くらいまでの教材を使用するようにしています。

つい自分の英語力を過大評価してしまうものですが、
難しい英語表現を覚えることが目的ではなく、適切に英語で自己表現できることが、本来の目的のはず。

あまりむやみに教材のレベルを上げず、自分の英語レベルの±1くらいの教材を活用してみましょう!

それでも迷ったら「日本人カウンセリング」を活用

ここまで、レアジョブ英会話の教材の選び方と、初心者にオススメの教材を紹介してきました。

ですが、万が一、それでも教材選びに迷ってしまったり、勉強の進め方が分からなくなった場合は、「日本人カウンセリング」機能を活用してみてください!

レアジョブでは、月1回までは無料で、日本人カウンセラーによる学習サポートが受けられるようになっています。

どの教材を使えばいいか、どのような手順で学習を進めていけばいいかなど、何でも相談できます。

日本語で相談できる点も安心なので、ぜひ積極的に利用しましょう!

まとめ – 教材選びが学習効率を左右する

今回は、レアジョブ英会話の教材の概要と選び方、初心者にオススメの教材3選を紹介しました。

自分にあった教材をきちんと選ぶことが、学習効率の良し悪しに直結します。

最初は時間をかけて、どの教材で学習を進めていくか、ゆっくり考えていただければと思います!

この記事が、一人でも多くの方が英語学習を始めるきっかけになっていれば嬉しく思います。

あわせて読みたい
レアジョブは英語習得の効果があると言える理由 5選【実際の利用者のレビューをふまえて解説】
レアジョブは英語習得の効果があると言える理由 5選【実際の利用者のレビューをふまえて解説】

»レアジョブは効果があると断言できる理由 5選【効果的な使い方のコツも解説】

ABOUT ME
Tets(テツ)のプロフィール
Tets(テツ)のプロフィール
英会話スクール紹介サイト『英会話スクールセレクション』運営

大学時代にカナダで10ヵ月、フィリピンで2ヵ月留学
カナダでは2ヵ月間、現地ホテルの受付でインターンシップを経験

TOEIC最高スコアは905点

現在は一部上場メーカーで、海外マーケティング部に所属9年目

月に一度は出張で海外へ
アメリカ・イギリス・韓国・インド・オーストラリアなど、様々な国籍の人と英語を使って仕事をしています!
Recommend
こちらの記事もどうぞ
記事URLをコピーしました