オンライン英会話の初レッスン前にやるべき3つの準備【初心者が撃沈しないためのコツ】

オンライン英会話の初レッスン前にやるべき準備の解説記事(英会話スクールセレクション)
Tets(テツ)
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

この記事では、オンライン英会話が初心者の方に向けて、初レッスン前にしておくべき3つの準備を紹介します。

初めてのオンライン英会話レッスンは、準備がかなり重要です。

効果的に学習するという目的もありますが、
一番の理由は、初レッスンで撃沈すると一気にやる気がなくなってしまうから

きちんと準備してからレッスンを受けることで、初レッスンを成功させましょう!

結論として、初心者の方がやっておくべき事前準備は以下の3点です。

オンライン英会話はうまく利用すると、本当に英語が話せるようになる学習ツールです。

勇気を出して初レッスンを予約してみたのに、
(全然話せなかった…)と挫折してしまわないよう、ぜひ参考にしていただければと思います。

Tets
Tets

筆者は、日系メーカーの海外マーケティング担当 9年目
主力機器のグローバル展開に注力
最近はインドを中心に、海外出張にも頻繁に出ています!

オンライン英会話の準備① – 必要な道具・機材 7選

イメージ画像 - 英会話スクールセレクション

レッスン前にしておくべき準備の1つ目は、必要な道具と機材の用意です。

レッスンで使用する道具は事前に用意しておき、レッスン中に慌てないようにしましょう。

必要なものは以下の7つです。

レッスンで使用する道具・機材 7選

  • スマホ、もしくはパソコン
  • (スマホの場合)スマホスタンド
  • (パソコンの場合)ウェブカメラ
  • 筆記道具
  • Wi-Fi環境
  • 和英辞書
  • 英作文にチャレンジ!英語台本

1. スマホ、もしくはパソコン

オンライン英会話では、講師とビデオ通話してレッスンを受けるので、スマホかパソコンが必要です。

スクールによって、オンライン教材を画面共有で一緒に見たり、チャット機能で補足してもらいながらレッスンが進行します。

後ほど紹介しますが、ウェブの辞書も利用できた方がいいです。

ですので、画面の見やすさや利便性を考えると、パソコンがあるとより便利ですが、なければスマホでも代用できます!

2. (スマホの場合)スマホスタンド

ビデオ通話するうえで、スマホを使うならスマホスタンドか、その代わりになるものがあると便利です。

わざわざ新しく買わなくても、別に立てかけられれば何でもいいです。

ですが、オンライン教材をスクロールしたり、チャット画面を開いたり、レッスン中に画面を触ることは頻繁にあります

不安定な状態で置いていて、触るたびに倒れたりするのはストレスなので、ご注意ください。

シンプルなスタンドであれば、100均でも売っているので、買っておいてもいいと思います。

ビデオ通話するうえで、スマホを使うならスマホスタンドか、その代わりになるものがあると便利です。

わざわざ新しく買わなくても、別に立てかけられれば何でもいいです。

ですが、オンライン教材をスクロールしたり、チャット画面を開いたり、レッスン中に画面を触ることは頻繁にあります

不安定な状態で置いていて、触るたびに倒れたりするのはストレスなので、ご注意ください。

シンプルなスタンドであれば、100均でも売っているので、買っておいてもいいと思います。

3. (パソコンの場合)ウェブカメラ

イメージ画像 - 英会話スクールセレクション

パソコンを使用する場合は、お持ちのパソコンにカメラ機能が付いているかチェックしておきましょう。

今どきほとんどのパソコンに付いていると思いますが、万が一ない場合は、外付けのカメラが必要です。

4. 筆記道具

スマホの他に、筆記道具を用意しておきましょう。

スマホで通話する場合、講師と教材画面を共有したり、チャット機能を使うので、メモ機能も同時に使うのが難しいです。

レッスンで学んだことをメモに残せるよう、ノートとペンを準備しておきます。

タブレット端末などでも問題ありませんが、
個人的には、手書きでメモを取る方が、よく英単語を覚えられるのでオススメです!

5. Wi-Fi環境

スマホのビデオ通話は、かなり通信容量を食います。

速度制限にかかってしまわないよう、できればWi-Fi環境があると良いでしょう。

6. 和英辞書

分からない英単語の意味をとっさに調べられるように、和英辞書を用意しておきましょう。

スピーキングにおいて、伝えたいことの英語表現がまったく思いつかないときに結構焦ります。

英語でどう言うか分からないとき、日本語から英語に調べるうえで辞書があると便利です。

紙の辞書は準備するのも調べるのも大変なので、
Weblio辞書英和辞典|英ナビ!(和英検索も可能)などのオンライン辞書がオススメ!

ただし、繰り返しですが、ビデオ通話をしながら、裏で別のアプリを開くのは大変なのでご注意ください。

タブレットや昔使っていたスマホなどでもいいので、デバイスが2台あると便利ですね。

7. 英作文にチャレンジ!英語台本

英会話レッスンは、事前の準備で出来栄えが大きく変わります。

レッスンそのものよりも、その前の準備の方が重要と言ってもいいくらいです。

では何を準備しておくかと言うと、それが「英語台本」です。

自分が話したい話題や、英会話レッスン内でよく使う表現について、英語でどう言うのかを事前に考えて、英作文しておきましょう

台本の作り方など、具体的には「準備③|英語台本を作成する」のパート▼でくわしく解説します。

準備②|レッスン教材を事前に選んでおく

オンライン英会話の初レッスン前にやるべき準備② - 英会話スクールセレクション

レッスン前にしておくべき準備の2つ目は、レッスン教材を事前に選んでおくことです。

「オンライン英会話のレッスンって、そもそも何から始める?」
「オンライン英会話レッスンって何を話すの?」という点が、気になる方もいらっしゃるでしょう。

オンライン英会話のレッスンでは、事前に教材を自分で選んでおくことが一般的。

自動で教材が決まることは少なく、
スクールで用意されている無料レッスン教材の中から、自分の英語レベルにあったものを選択します。

フリートークも可能ですが、どのように会話が進んでいくか予想することが難しく、事前に英語表現を考えられません。

その場その場で表現を考えて、アドリブで話すのは難易度が高いです。

初心者の方にオススメなのは、やはり教材を活用することです。

オンラインレッスンは、1回あたりおよそ25分が一般的。

その場で急きょ、教材を選ぶ時間はないので、事前にどの教材を使用するか選んでおきましょう。

下の参考画像のように、教材にはQ&Aのパートが用意されています。

(参考)「DMM英会話」の教材のQ&Aパート

(画像出典:DMM英会話の教材ページ

どんな質問があるか、どのように回答するかを考えておくのがオススメです!

では、肝心の「英語台本の作成」の詳細を、次のパートで解説します。

準備③|英語台本を作成する

イメージ画像 - 英会話スクールセレクション

準備しておくべきことの3つ目が重要で、「英語台本の作成」です。

英語台本の重要性と、レッスンの主な流れ

初レッスンで、いきなりアドリブで会話するのは相当難しいです。

ぶっつけ本番にならないように、事前に英語で台本を作っておいて、それを片手に初レッスンにチャレンジしましょう!

英会話には、ある程度決まった流れがあり、しょっちゅう話す話題があります。

例えば、以下のような流れです。

  • 始まりのあいさつ
  • 自己紹介
    • 名前
    • 出身の国や地域
    • 社会人なら職業(学生なら専攻や学んでいること)
    • 趣味・休日の過ごし方
    • 英語を勉強している理由や目的
  • レッスン終わりの別れ際のあいさつ
  • 相手の言葉が聞き取れなかったときの聞き直しフレーズ
    ※電話を使用するので、どうしても通信が途切れてしまったり、声がこもっていて聞き取れないことがあります。

少なくとも、このようなよくある表現だけでも、事前にどのように受け答えをするか考えておきましょう

そうすることで、会話が非常にスムーズになります。

台本の作り方 – 翻訳アプリも駆使してチャレンジ!

台本の書き方として、ベストなのは、自分の力で試しに作ってみること。

ですが、難しい場合は、辞書や文法の参考書などを見ながら作ってみるか、なんなら翻訳アプリを使っても大丈夫です。

最近のGoogle 翻訳は優秀で、
適当に日本語で書き込んで翻訳すれば、かなり自然な英語表現が一瞬でできます。

自作の英文が正しいかチェックするなら、文法の添削ができるGrammarlyというサイトがオススメです!(クリックでサイトへ移動)

以前Twitterでも紹介していますが、作成した英文を打ち込むだけで、より自然な表現に直してもらえます

とはいえ、最初は正しい文章でなくて大丈夫です。

辞書なども使いながら、まずはメモ程度に書き出してみてください。

あとは講師に自然な表現に直してもらいながら、少しずつ自然な表現を覚えていけばOK

あまり最初からハードルを上げすぎず、「なんとなく伝われば合格」と思ってやってみましょう!

台本ができたら、できれば一度、声に出して読んでおきましょう。

発音やイントネーションが分からない英単語があるかもしれません。

また、声に出すことで、不自然な表現や間違いに気付けます。

台本準備のための例文集

参考に、準備しておくべきフレーズの例文をまとめました。

(考えてみたけど全然思い浮かばない…)という人は参考にしてみてください!

台本準備のための例文集

  • あいさつ
    • Hello. Nice to meet you. (こんにちは、はじめまして)
    • Can you hear me? (聞こえますか?)
  • 名前と出身
    • My name is OOO.
      I am OOO. (私の名前はOOOです。)
    • I am from Japan. I live in Kanagawa. It is next to Tokyo. (私は日本出身です。神奈川県に住んでいます。東京の隣にあります。)
  • 職業や専攻
    • I am working at a Japanese OOO company. (私は日本のOOOの会社で働いています。)
    • I am responsible for the sales. I am working as a salesperson. (営業をしています。)
    • My major is Economics. (経済学部です。)
      My major is Sociology. (社会学部です。)
  • 趣味
    • My hobby is soccer. (私の趣味はサッカーです。)
    • I play soccer with my coworkers every Saturday. (毎週土曜日に同僚とサッカーをします。)
    • I play soccer with my friends once in two weeks. (2週間に1度、友人とサッカーをします。)
  • 英語を勉強する理由
    • I study English because I want to work in the global marketing division in my company. (海外マーケティング部で働きたいので英語を勉強しています。)
  • 終わりのあいさつ
    • Thank you so much for the lesson today. (今日の授業、ありがとうございました。)
    • The lesson was very fun for me. (とても楽しかったです。)
  • 聞こえなかった、もしくは分からなかったとき
    • I could not hear what you said. Can you say it again? (聞こえませんでした。もう一度言っていただけますか?)
    • I could not understand what you said. Can you please repeat the last part? (何と言ったか理解できませんでした。最後の部分をもう一度言っていただけますか?)
  • 単語のスペルが分からないとき
    • Can you tell me how to spell OOO?”(〇〇〇はどのようなスペルですか?)

【番外編】マインド面での3つの準備

イメージ画像 - 英会話スクールセレクション

ここからは番外編として、オンラインレッスンを受けるにあたって重要なマインド面の準備について紹介します。

ポイントは以下の3つです。

オンラインレッスン前の心の準備

  • 英単語・文法を完璧にしてから…はNG
  • (それでも心配なら)レッスン前に要望コメントを入れよう
  • 明るい性格の講師を選ぶと気がラク

英単語・文法は完璧を目指さない

イメージ画像 - 英会話スクールセレクション

(いったん英単語と文法を勉強してから、英会話レッスンを受けよう…)と考えるのはオススメしません。

英単語を覚えたり、英文法を勉強するのはとても時間がかかります。

どれだけ勉強しても完璧を目指すのは難しいこともあり、英会話レッスンに踏み出せなくなります。

単語や文法の知識は中学・高校の知識で十分です。

足りない部分は出てきますが、英会話レッスンを受けるなかで、少しずつ学び足していけば十分です。

日本人で英語を話せる人が少ない原因は、アウトプット不足。

これから英語学習を始める人も、できるだけ早い段階から英会話レッスンを始めましょう!

レッスン前に要望コメントを入れよう

イメージ画像 - 英会話スクールセレクション

初レッスンはとても不安ですが、講師は英語指導のプロです。

うまく話せなくとも、丁寧に指導してもらえるので、安心してチャレンジしてみましょう。

それでも不安であれば、レッスンの進め方について、事前に要望コメントを入れられるようになっています。

「初めてだから、ゆっくりレッスンを進めてほしい」というように、コメントを入れておけば講師側もそのつもりでレッスンを進めてくれます!

明るい性格の講師を選ぶと気がラク

イメージ画像 - 英会話スクールセレクション

それでも、講師がどんな人か分からないまま、レッスンを始めるのは不安ですよね。

ですが、基本的にはオンライン英会話の講師は、プロフィールが公開されています。

どんな先生か、事前にプロフィールをチェックしておくと安心です。

自己紹介のショート動画を公開している先生もいるので、その動画を見ておくのもオススメ。

明るい性格の講師を選ぶと、レッスン前の緊張が少しだけ和らぎますよ。

緊張や不安を感じるのは、今の自分にはできないことにチャレンジできている証です!

自分が新しいことに挑戦しようとしていることを誇りに思って、思い切ってチャレンジしてみましょう。

【Q&A】オンライン英会話に関するよくある質問

Q&Aの章の冒頭画像 - 英会話スクールセレクション

ここからは、オンライン英会話を始めるにあたって、よくある疑問に回答します。

オンライン英会話はどうやって始めたらいい?

オンライン英会話の始め方として、主な手順は以下の通りです。

スクール選びの基準を明確にする

まずは自分自身がどのような内容について、どのような進め方で、どのくらいのレッスン頻度で勉強したいか考えてみましょう。

オンライン英会話スクールの選び方のコツについては、こちらの記事も参考にしてみてください!
»【オンライン英会話の選び方】自分に合うスクールを探すための比較ポイント 13選

気になるスクールを無料会員登録

無料体験レッスンにチャレンジ

複数スクールを比較・検討

お気に入りが見つかったら申し込み

あとはお気に入りの先生を見つけて、継続あるのみ!

まずは、いくつかになるオンライン英会話スクールをピックアップして、無料会員登録します。

たいていのスクールで、最初は無料体験レッスンを受けられますが、念のため無料レッスンがあるか確認しておきましょう。

体験レッスンを受けたら、あとは気に入ったスクールに入会して英会話学習を始めるだけ。

お気に入りの講師を見つけて、楽しく英語学習を継続しましょう!

英会話学習を始めるレベルの目安は?

個人的には、中学レベルの英語が理解できるなら、英会話にチャレンジすることは十分可能だと考えています。

文法や単語の勉強よりも、すぐに英会話学習を始めた方がいい理由、詳細はコチラ
»英会話をすぐに始めるのがオススメ!3つの理由を解説

日本人に英語を話せる人が少ない理由の一つとして、インプット過多・アウトプット不足があると思っています。

要するに、スピーキングの練習が圧倒的に不足しているということです。

単語や文法は、英会話レッスンを受けながらでも学び直せるので、
自信がなくても、完璧じゃなくても、早い段階で英会話レッスンを受け始めてみましょう!

始める前に勉強しておくことは?

中学レベルの英語の知識があるとスムーズですが、筆記の勉強に時間をかけすぎるのはNGです。

今回紹介した、初レッスン前の準備さえ実施してもらえれば、英会話学習を始めることは十分可能。

ぜひ参考にしていただき、準備万端でレッスンに臨みましょう!

初レッスンで撃沈しないように、準備してチャレンジ!

イメージ画像 - 英会話スクールセレクション
オンライン英会話の初レッスン前にやるべき準備 3選

今回は、オンライン英会話の初レッスン前に準備しておくべき3つのことを紹介しました。

英会話レッスンは、最初はとても緊張します。

また、忙しい日々の中で英語学習を続けるというのは大変。

ですがその分、キャリア選択の幅が圧倒的に広がるなど、得られるものも大きいです。

オンライン英会話は初心者でも問題なく始められるので、
準備さえできたら、勇気をもって英会話学習にチャレンジしましょう!

あわせて読みたい
【有名スクール網羅】徹底比較!オススメのオンライン英会話ランキング 17選【2024年最新】
【有名スクール網羅】徹底比較!オススメのオンライン英会話ランキング 17選【2024年最新】

»【2024年最新】本当にオススメできる人気オンライン英会話スクール 15選【徹底比較】

ABOUT ME
Tets(テツ)のプロフィール
Tets(テツ)のプロフィール
英会話スクール紹介サイト『英会話スクールセレクション』運営

大学時代にカナダで10ヵ月、フィリピンで2ヵ月留学
カナダでは2ヵ月間、現地ホテルの受付でインターンシップを経験

TOEIC最高スコアは905点

現在は一部上場メーカーで、海外マーケティング部に所属9年目

月に一度は出張で海外へ
アメリカ・イギリス・韓国・インド・オーストラリアなど、様々な国籍の人と英語を使って仕事をしています!
記事URLをコピーしました