ビズメイツ

ビズメイツとレアジョブ徹底比較!ビズメイツをオススメする理由も解説

Young woman sitting at desk and watching videos online
こんな方におすすめ!

オンライン英会話でビジネス英語を勉強したいけど、ビズメイツとレアジョブのどちらかで迷ってる。
後悔しない方を選びたい!

オンライン英会話は、数が多くてどのスクールを選べばいいか迷いますよね。

ですが、ビジネス英語を学びたい場合に限っては、実は選択肢は絞られます
特に人気かつオススメのオンラインビジネス英会話は、「ビズメイツ」と「レアジョブ英会話」の2つだけ。

そこでこの記事では、人気ビジネス英会話スクールであるビズメイツとレアジョブ英会話の違いを徹底比較します。

Tets
Tets
筆者は、一部上場メーカーの海外マーケティング部で勤務7年目
毎月、海外に出張するなど、英語を使って仕事をしています!

結論として、個人的なオススメは「ビズメイツ」です!

一方で、特にビジネス英語と日常会話を両方勉強したい人は、レアジョブ英会話の方があっています。

主に、講師・価格・教材の3つの観点で、それぞれの長所と短所をくわしく解説します。
ぜひ参考にしていただければと思います!

ビジネス特化型オンライン英会話「ビズメイツ」


ビズメイツ
詳細はコチラ

ビズメイツ
公式サイトはコチラ

オンライン英会話No.1「レアジョブ英会話」


レアジョブ
詳細はコチラ

レアジョブ
公式サイトはコチラ

ビズメイツとレアジョブの違いを一覧で比較

まず、ビズメイツとレアジョブ英会話の違いが一目で分かるよう、スペック比較を一覧で紹介します!

比較プラン 毎日25分プラン ビジネス英会話コース
月額料金 月額13,200円 月額10,780円
レッスン頻度 毎日1回 毎日1回
レッスン時間 25分 25分
1レッスンあたり 440円 359円
講師の国籍 フィリピン人
(+セルビア、南アフリカ、インド他)
フィリピン人・日本人
講師の資格 ビジネス経験がある講師のみ
採用合格率は1%
全体で、評価の高さがトップ10%の講師のみ
教材の種類 1,000種類~
(ビジネス教材のみ)
500種類~
※ビジネス教材のみ
日常英会話を含めると約5,000種類
営業時間 朝5時~深夜25時 朝6時~深夜25時
レベルチェックテスト
学習サポート機能
※コーチングプランのみ対応

※初回無料、それ以降は有料オプション
レッスン録画機能
無料体験 レッスン1回
レッスン1回
+日本人カウンセリング1回
お得なキャンペーン 初月50%オフ
※無料登録から
3日以内の有料会員登録が条件
初月50%オフ
※無料登録から
3日以内の有料会員登録が条件
有料オプション ・追加レッスンチケット(1回分で1,200円)
・Video Lesson … 予習・復習に最適なビデオレッスンが観られる(月990円)
あんしんパッケージ
…日本人カウンセリングと自動レッスン予約機能が使える(月1,078円)

さまざまな点で特徴がある2社ですが、特に「講師」「料金」「教材」の3つのポイントで明確な違いがあります

以下のパートで、これら3つのポイントにフォーカスして、違いをくわしく紹介します!

【決定的な違い】ビズメイツはビジネス特化、レアジョブは万能型

詳細比較に入る前に、ビズメイツとレアジョブの違いを一言で説明すると、それは「ビジネス特化か、万能型スクールか」です。

ビズメイツはその名の通り、ビジネス英語に特化したオンライン英会話スクールです。
主に、以下のような特徴から、ビジネス英語を習得するという目的だけに集中できるスクールであることが分かります!

  • 講師は全員、過去に英会話講師以外のキャリア経験がある
  • ビジネス教材が豊富で、1,000種類以上
  • 実際に仕事で作成した資料やメールの添削サービスもある

これに対し、レアジョブ英会話は、日常英会話も含めて広くカバーしているオンライン英会話スクール。

ビジネス英会話コースに入会しても、日常会話レッスンもあわせて受けられます!
以下のような特徴があり、日常英会話スクールとして非常に人気で、メジャーなスクールの一つです!

  • 採用合格率1%の、難しい選考をクリアした講師が6,000人以上も在籍
  • 月額料金は業界最安クラス
    ※日常会話コースで6,380円、ビジネス英会話コースで10,780円
  • 教材は豊富で、日常会話とビジネス英語をあわせると5,000種類以上

このように「ビズメイツ=特化型、レアジョブ=万能型」という点が2社の決定的な違いです。

それぞれのスクールがオススメな人の特徴

Close up top view customer hand choose smiley face on wood cube,

「ビズメイツ=ビジネス特化型、レアジョブ=万能型」という点を踏まえ、ビズメイツ、レアジョブはこんな人におすすめ!という特徴をまとめると、以下の通りです。

ビズメイツがオススメなのはこんな人

  • ビジネス英会話に特化して勉強したい人
  • ビジネス経験がある講師から、実践的な英語を学びたい人
  • 豊富な教材で、本当に使えるビジネス英語を身につけたい人
  • 実際に仕事で作った資料やメールの添削を受けたり、プレゼン練習をしたい人

レアジョブがオススメなのはこんな人

  • 少しでも費用をおさえて勉強したい人
  • 日常会話とビジネス英語の両方を学びたい人
  • できるだけ講師の当たりはずれを避けたい人

ビズメイツ vs レアジョブ徹底比較 – 講師編

Happy cheerful business woman in office callcenter working with computer wearing headphones.

ビズメイツ講師の特徴まとめ

  • フィリピン人講師が中心
  • 採用合格率は1%未満
  • 全員がビジネス経験者
  • チャットを活用し、英語をその都度、修正しながらレッスンを進めてもらえる
  • デメリットは、ネイティブ講師がいないことと、ユーザー評価を見る機能がないこと

レアジョブ講師の特徴まとめ

  • フィリピン人・日本人講師が在籍
  • 採用合格率は1%
  • 評価が全体の上位10%の講師のみが、ビジネスコースを担当できる
  • デメリットは、ネイティブ講師がいないことと、ビジネス経験があまりない先生もいること

ビズメイツ講師は全員がビジネス経験者

ビズメイツの講師はフィリピン人が中心。
少数ながら、セルビア・南アフリカ・インドなどの国籍の先生も在籍しています。

残念ながらアメリカやイギリスなどのネイティブ講師はいません。
ですが、ビズメイツは講師の質にこだわっており、採用合格率は、たったの1%

「ビジネス経験があること」も条件のため、質が高い先生から実践に基づいたビジネス英語が学べます!
経営者や弁護士のかたわら、サイドビジネスで英語を教えている先生もいて、この点は魅力的です。

「ビジネス経験があること」の良さとして、働いていた業界や業種が自分と近い先生を選ぶことで、とても深い話ができます。

私自身、通信市場に関わっており、おなじく通信市場のキャリアをもつ先生と「5G」の話でとても盛り上がった経験があります!

専門的な話に踏み込んで、より実践的な会話練習ができるのは、ビズメイツ独自の良さです。

さらに、ビズメイツ講師の最大の特徴は「チャット機能を活用して、英語をその都度、修正しながらレッスンを進めてもらえる」ことです。

他のスクールでは、チャットでは英単語のつづりを教えてもらえる程度だったり、むしろ全く使わないこともあります。

それに対しビズメイツ講師は、不自然な英語表現を一文できちんと訂正してくれます。

※実際のレッスン画面
右側のチャット欄に、より自然な英語表現をたくさん書いてくれました!

正確で自然な英語を話せるようになりたければ、ビズメイツ講師があっていると思います。

注意点として、ビズメイツには講師検索の際、先生のユーザー評価を見る機能がありません
先生を選ぶ際に、他の生徒の評価は参考になるため、これは残念なポイント。

代わりに、具体的な職種(営業、人事、経理など)や専門(会計学、エンジニアリング、看護学など)を選んで、講師検索をする機能があります。

こちらをうまく活用すると、理想の先生が見つかりやすくなります!

レアジョブ講師は全員が人気「上位10%」

レアジョブは、フィリピン人と日本人講師が在籍しています。

残念ながらネイティブ講師は在籍していませんが、レアジョブも講師の質にこだわっており、採用合格率は1%ほど。

さらにすごいことに、レアジョブのビジネスコースでは、優秀な講師陣の中でも、ユーザー評価が上位10%の講師だけが担当できるという決まりになっています!

厳しい関門を突破した講師の中でも、さらにユーザー満足度が高い人だけが選ばれているのが、レアジョブのビジネスコースのすごさです。

「先生選びで迷いたくない!講師の当たりはずれがないスクールに入りたい」という方は、レアジョブがピッタリです。

ただし、英会話講師としてのキャリアに特化していて、ビジネス経験があまりない先生もいるので、やはり日常会話+ビジネス英語で両立したい方向けだと思っています。

ビズメイツ vs レアジョブ徹底比較 – 料金編

基本的にビズメイツをオススメしていますが、レアジョブの方が決定的に優れている点が一つだけあり、それが月額料金の安さです。

ビズメイツは毎日25分レッスンプランで月13,200円、毎日50分レッスンプランでは月19,800円。

一方で、レアジョブは毎日25分レッスンプランで月10,780円です。
※レアジョブのビジネスコースに毎日50分レッスンプランはありません。

1日25分の基礎プランでは、約2,500円ビズメイツよりもレアジョブの方が安いということになります。

そもそもオンライン英会話を選んだ時点で、留学や駅前の英会話教室と比較するとはるかに出費をおさえられます。

このくらいの差であれば、むしろ教材の内容などを基準に選ぶのがいいんじゃないかと個人的には思います。
とはいえ、徹底的にコストを削るならやはりレアジョブがオススメ!

月々の出費が少ないほど、長く続けるハードルが下がるというメリットもあります。
「少しでも安く勉強したい!」という方は、レアジョブを検討してみてはいかがでしょうか。

ビズメイツ vs レアジョブ徹底比較 – 教材編

Knowledge For Success

ビズメイツ教材の特徴まとめ

  • ビジネス教材が1,000種類以上
  • 自己紹介やあいさつなど、導入教材も多数
  • シチュエーション別(会議・プレゼン・海外出張など)の実践的な教材
  • 実際に仕事で作成した資料やメールの添削サービスがある
  • デメリットは、日常会話教材がないこと

レアジョブ教材の特徴まとめ

  • ビジネス教材が500種類以上
  • 日常会話をあわせると5,000種類以上の教材が使える
  • 最新ニュース教材や発音レッスン教材など、幅広いラインナップ
  • デメリットは、ビジネス教材の数が500種類~と限られる点

ビズメイツ教材は1,000種類以上+アシストレッスンが魅力

ビズメイツでは、ビジネス教材だけで1,000種類以上ものラインナップが用意されています。

ビジネス英語と聞くと、なんだか難しそう
初心者には無理なんじゃない?

そんなイメージを払拭するために、ビズメイツでは導入レベルの教材も多数取りそろえられています!

自己紹介やあいさつ、相づちの打ち方など、初心者の方でも取り組みやすい内容になっていてオススメです。

肝心のビジネス英語教材に関しても、会議やプレゼンテーション、海外出張など、シチュエーション別で教材が用意されており、かなり実践的な学習が可能。

私が驚いたのは、「面接対策」や「新入社員・内定者向けコース」といったマニアックな教材があることです!

ここまでニッチな教材があるスクールは、他に見たことがありません。

学生や新社会人の英語学習、外資系企業への転職を考えているサラリーマンの面接練習などにも役立ちますよ!

加えて、ビズメイツのもっとも魅力的なポイントとして、実際に仕事で作成した資料やメールの添削・プレゼン練習のサービスがあります!

教材ページから「アシストレッスン」を選択し、レッスンを予約するだけで受けられます。

「英会話レッスンでは話せるようになっても、いざ本番になるとうまく話せない」
たまに目にするレビューですが、ビズメイツなら実際の職場で使う英語でさえも添削してもらえるので安心です!

何ならアシストレッスンで、自分が本当に職場で使う英語だけを練習することだってできるので、ビズメイツの活用方法の幅は広いなと感じます。

唯一のデメリットとして、日常英会話の教材はありませんが、目的がビジネス英語の習得なのであれば、ビジネス英語教材に特化して問題ないでしょう。

レアジョブ教材は、日常会話あわせると5,000種類以上

レアジョブは、ビジネス教材だけだと500種類ほどですが、日常会話教材をあわせるとなんと5,000種類ものラインナップがあります!

文法や発音の学習教材から、最新のニュース記事を取り扱った教材まで、内容もさまざま。

これだけの数の教材が取りそろえられているスクールはほとんどありません。

教材の豊富さの面でも、日常会話+ビジネス英語の両方をがんばりたいなら、やはりレアジョブでしょう。

まとめ:ビジネス英語に集中するならビズメイツ

Business Trip. Businessman Moving to Terminal Gate at International Airport

ビズメイツは、ビジネス経験がある優秀な講師がそろっており、500種類以上もの教材が取り揃えられています

実際に仕事で作成した資料の添削やメールの添削、プレゼン練習などもできます。
ビジネス英語に関しては、数あるオンライン英会話の中で、もっとも手広くカバーされたスクールといえます。

レアジョブは、10,780円という格安の月額料金で、日常会話とビジネス英語の両方が学べるオンライン英会話

教材は5,000種類以上、講師の採用合格率は1%で、質に関しては言うことなし。
ビジネス英語も少しずつ学びながら、まずは日常会話と並行して勉強したいという方は、レアジョブが有力候補になります!

各スクールの特徴をまとめると、以下の通り。



比較プラン 毎日25分プラン ビジネス英会話コース
月額料金 月額13,200円 月額10,780円
レッスン頻度 毎日1回 毎日1回
レッスン時間 25分 25分
1レッスンあたり  440円  359円
講師の国籍 フィリピン人
(+セルビア、南アフリカ、インド他)
フィリピン人・日本人
講師の資格 ビジネス経験がある講師のみ
採用合格率は1%
全体で、評価の高さがトップ10%の講師のみ
教材の種類 1,000種類~
(ビジネス教材のみ)
500種類~
※ビジネス教材のみ
日常英会話を含めると約5,000種類
営業時間 朝5時~深夜25時 朝6時~深夜25時
レベルチェックテスト
学習サポート機能
※コーチングプランのみ対応

※初回無料、それ以降は有料オプション
レッスン録画機能
無料体験 レッスン1回
レッスン1回
+日本人カウンセリング1回
お得なキャンペーン 初月50%オフ
※無料登録から
3日以内の有料会員登録が条件
初月50%オフ
※無料登録から
3日以内の有料会員登録が条件
有料オプション ・追加レッスンチケット(1回分で1,200円)
・Video Lesson … 予習・復習に最適なビデオレッスンが観られる(月990円)
あんしんパッケージ
…日本人カウンセリングと自動レッスン予約機能が使える(月1,078円)

とはいえ、「将来、英語を使う仕事につきたい、キャリアアップしたい」という方は、ビジネス英語特化で勉強するのが近道
個人的なオススメは、やはりビズメイツです!

まずは無料体験で、お試しレッスンを受けてみましょう。

ビジネス特化型オンライン英会話「ビズメイツ」


ビズメイツ
詳細はコチラ

ビズメイツ
公式サイトはコチラ

オンライン英会話No.1「レアジョブ英会話」


レアジョブ
詳細はコチラ

レアジョブ
公式サイトはコチラ

ABOUT ME
Tets(テツ)
英会話スクール紹介サイト『英会話スクールセレクション』運営

大学時代にカナダで10ヶ月、フィリピンで2ヶ月留学
カナダでは、日本人が一人もいないホテルでインターンシップを2ヶ月経験
TOEIC最高スコアは905点

現在は一部上場メーカーで、海外マーケティング部に所属7年目

月に一度は出張で海外へ
アメリカ・イギリス・韓国・インド・オーストラリアなど、様々な国籍の人と英語を使って仕事をしています!